2013年12月06日

丸亀料理教室 入門二回目

入門講座の二回目
今回は三種類の味噌汁、玄米おにぎりです。
味噌汁は鰹節のだし、昆布だし、野菜のうまみだけでだしなしの三種類を味わってみます。
今まで味噌汁にだしを入れないなんて考えられなかったと思いますが、実際に試食してみると一番人気なのはだしなしです。だしなしでもおいしい野菜の力を引き出すコツがこの教室では学べます。
そして本枯れ節についての興味深いお話もきけます。

01.jpg
ふふふ、これは何を話しているのでしょう。参加者だけがわかります。

02.jpg

参加者の皆様の感想
かわいいだしが入ってない味噌汁の美味しかったこと、油をつかっているのに油がういてないのも不思議。
かわいい陰陽のお話は興味深かった。人間、動物、植物、土、全てつながっていることを改めて考えさせられました。
かわいい鰹節の出しの味噌汁がそれほど美味しいと思わない自分に驚いた。味噌汁のことはわかったつもりだったのに、初めて知ることも多く参加してよかった。

助手の井上でした。
posted by sizuka at 15:56| Comment(0) | 料理教室 | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

丸亀料理教室Ⅱ 四回目

今回の教室はごま塩、玄米の炊き方、だしを使わないお味噌汁。
この日は初めての方が三名いらっしゃいました。みなさんマクロビオティックとはどんなものか興味をもって参加されたそうです。

この「ごま塩」一見簡単そうなのですが、マクロビオティックのごま塩はなかなか手間のかかる地道な作業が必要なのです。その手間があってこそのごま塩は、皆さん「市販のものとぜんぜん味が違う、おいしい」とおっしゃっていました。

03.jpg

参加者のみなさんのお話によると、マクロビオティックを実践したり玄米を食べていると、食べた物が体に及ぼす影響を前よりも敏感に感じるようになるようです。
食べ過ぎた翌日は朝起き辛くなり、反対に小食にしているとすっきり目覚めるそうです。

またストレスを感じた時につい食べる事に走ってしまうが、その時に例えばストレス→走って解消する、ストレス→縫い物をする、とかしてみてはどうだろう、と言う話が出てなるほどと思いました。
人が「どうして食べるのか」は単におなかがすいたからと言う理由だけではないようです。

04.jpg

助手の井上でした。
posted by sizuka at 16:13| Comment(0) | 料理教室 | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

丸亀料理教室Ⅱ 三回目

今回の教室は糠漬け、玄米、お味噌汁。
"糠漬けは難しいものじゃない"と言うことがこの講座に参加するとわかります。
今まで敬遠されていた方も講座が終わるころには、きっとやってみようと言う気になっているのでは?!

家庭にこの糠床一つあれば、いろんな野菜がつけておくだけで体にやさしいおいしいおかずに変化するのですからすごいと思いませんか!
でも糠床は生き物ですから、やはりお世話が必要です。そのコツがこの講座では学べます。

DSC00728-1.jpg

DSC00731-1.jpg

糠漬けはご飯が進むと大好評でした。
皆さん嬉しそうに糠床の材料をお持ち帰りになりました。

従業員井上でした。
posted by sizuka at 11:57| Comment(0) | 料理教室 | 更新情報をチェックする