2018年09月29日

あんみつ

D7F73E0F-D933-4BF1-B54B-E3B188835246.jpeg

砂糖不使用のあんみつ
寒天を麦飴で味付け
トッピングは
かぼちゃとお芋の茶巾
塩小豆
プレーン白玉だんごと紫芋白玉だんご


2018年09月27日

お手当 砂浴に行ってきました!

0D81C2F6-040A-4EC0-8FDC-6001F6979E0B.jpeg

お手当と言われることには生姜湿布に里芋湿布などいろいろな種類がありますが、今回は砂浴に行ってきました。


砂浴とは砂もぐりとも言うのですが、顔だけ出して砂の中に埋まります。


B01C5E80-AB87-4238-A83D-48FAA0E7DF2B.jpeg0C11E8FE-E0A9-4636-B9E9-E1E5BD74A5C7.jpeg

今回は土佐市の浜辺で砂浴をしました。


砂浴をすると砂の重さで全身が圧迫されます。圧迫されることにより、普段は血が巡りにくい体の末端にまで血液がよく巡るようになります。


私は3回目の砂浴体験でしたが、砂をかけてもらった後、膝から下、肘から下に、いつまでも砂をかけ続けられているかのように、重みが増していくような、自分がポンプになったような、そんな気持ちでした。砂に埋もれてから見る海や空がとても美しくて、眠くなって微睡む間に聞こえる波の音がとても心地よいものでした。ですが、砂の中で1時間過ぎた頃に動きたくて動きたくて仕方なくなり、とっても不快になってしまいました。

ジッとしておくのが困難な気持ちでしたが、もう少しこのままいたいとも思ったので、気を紛らわすため持参した本を読むことにしました。普段、本を読む時間もなかなかもてずにいたのでこれはこれで、有意義で贅沢な時間でした。


参加者の方は、砂浴の話を聞いて興味を持ち参加したいと思ってくださった方ばかりでした。


✳︎感想✳︎

砂浴の話を聞いて、まず自分が体験してみようと考えた。2時間砂の中にいたが、途中、90分で床ずれのような、動かしたい気持ちになった。いくら力を入れてもビクともしない、それを感じて砂の外に出た後はとてもスッキリした。簡単にできるので、また自分で来てみようと思う。


「砂浴」の話を聞いて、やってみたいと思った。入ってすぐ気持ちよくて眠ったが、1時間くらいして目が覚めた。その時、右足首に痛みを感じた。だんだんと痛くなって我慢できない気持ちになった頃、お世話をしてくれていた静かな喫茶店・店長が話しかけてくれて気が紛れて乗り越えられた。その足首は学生の頃に傷めた場所だったが、全体的に体の右側が痛かった。体が動かせない分、ドクンドクンと体の中が動いているのがよくわかった。

砂浴をする前の注意点で、砂の中にいると虫がいるような、体がチクチクしたりモゾモゾすることもあるけど、虫じゃないという話を聞いていてので、そんなことがあるかと身構えていたがそれはなかった。自分の頭の中のイメージとは違うこともあり、『体験』するということは面白い。


砂浴がいいという話を聞いたことがあり、ずっとしたいと思っていた。いいタイミングで話をもらった。

とても気持ちがよかった。



砂浴をするとお腹が空きます。

そのお腹が空いたときに、せっかくなので静かな喫茶店のご飯を食べようとなりました。

砂浴の後、玄米クリームを食べるのが理想的ですが、今日は玄米のおむすびとお味噌汁とたくあんを食べました。


E6802AE0-B238-4C7A-BEA6-73403EAB5FB1.jpeg


「こういうご飯でいいんですね」

と参加者の方がしみじみとおっしゃったことが印象的でした。


帰りの車の中で「噛むこと」の大切さについて、大切なのはわかっているけどなかなか噛めないと話をしていましたので、意識してみんなで一緒によく噛むことが出来ました。

シンプルなごはんは本当にとても美味しく、清々しい1日になりました。


乗組員 川原



posted by sizuka at 01:22| Comment(0) | マクロビオティック手当 | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

9月27日(木)献立

CBF78C41-DCC3-4B43-B17A-CA1B535DD722.jpeg
9/27(木)
玄米定食を変更してかぼちゃスープのセットをお出しします。

かぼちゃスープ
玄米ごはん
食養ひじきの煮物
食養きんぴらごぼう
胡麻豆腐 漬物など
食後のスモールコーヒーorたんぽぽコーヒー
税抜 1,000円
posted by sizuka at 15:15| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

ワークショップ(足ふみ健康法)のご案内

94545D95-1430-441D-9B10-F921F367D2C5.jpeg
足ふみ健康法 ワークショップ
足ふみ健康法の体験 & 玄米と野菜のおかず

 足ふみ健康法を行うと、とても気持ちよくてリラックスでき、体が軽く元気になります。「足ふみ」という名前の通り、足で体をふみますが、痛くないように優しく行います。ふんでもらって気持ちがいいのはもちろんですが、ふむ方も元気になります。今回のワークショップでは、ふんでもらう方とふむ方の両方を体験します。また、足ふみ健康法とあわせて「静かな喫茶店」のマクロビオティックのごはんが付きます。玄米と丁寧に手作りし野菜の旨味を引き出したシンプルなおかずをお召し上がりください。気持ちのいい足ふみとおいしいごはんで、体が喜ぶ心地よさを体験していただければ嬉しく思います。

 日 程:10/21・11/4・11/18・12/2
(全て日曜日 13:00〜16:30)

13:00~ 
食事

13:30~ 
講師による講義

14:00~ 
足ふみ実践

16:00~ 
感想

時間割は目安ですので、多少前後します。

定 員:8名

場 所:静かな喫茶店

参加費:4回10,000円
※食べ物と体と心について、毎回ちがった角度から気づきを得られます。やむを得ず欠席される場合は1回3,000円の参加費となります。

食事の献立は、少ないおかずで玄米ごはんがすすむ内容です。
以下は献立例です。

・玄米ごはんにごま塩 
・食養きんぴらごぼう 
・食養ひじき 
・青菜のおひたし 
・たくあん 
・味噌汁

※タオルをご持参ください。足ふみを行う際は靴下が必要です。動きやすい格好でご参加ください。

足ふみ健康法は手で行うのと比べて負担が少なく楽に行えます。しっかり覚えて普段の生活に取り入れていただければと思います。

 講義の講師紹介
川上 伸二
(かわかみ しんじ)

1955年東京生まれ。以前はジャンクフードと酒とタバコを楽しんで、自然食は少しわがままで贅沢だと思っていたが、妻の始めた玄米食堂「野菜食堂ソルト」「静かな喫茶店」の店長を勤めて25年になる。その間にマクロビオティックを桜沢如一の直弟子である松岡四郎氏に師事し、その他にも佐々井譲氏、田中愛子氏、菅本フジ子氏、松本光司氏など多くの師から教えを受ける。マクロビオティックはグルメでもなく贅沢でもなく治病でもなく、簡素で謙虚な生き方なのだと理解し、快楽のためではなく幸福になるためのマクロビオティックを目的としている。そのため、実践と経験の分かち合いを大切にし、食事に関する勉強会や講座などの教育活動、健康に関する相談を受ける食養座談会、心を整えるミーティングなどの活動に力をいれて仲間とともに過ごしている。

◎お申込・お問合せ◎
静かな喫茶店
(高知市上本宮町210)
電話088-840-2877

posted by sizuka at 09:52| お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

9月20日(木)献立

6C3E0AA2-4C2E-443A-8160-BCFB37149CEA.jpeg
9/20(木)も玄米定食を変更してかぼちゃスープのセットをお出しします。
かぼちゃの甘みにホッとします。
かぼちゃスープ
玄米ごはん
食養ひじきの煮物
食養きんぴらごぼう
胡麻豆腐 など
食後のスモールコーヒーorたんぽぽコーヒー
税抜 1,000円
posted by sizuka at 00:03| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする